加齢によって真皮の中にある線維芽細胞が変性や減少してハリと弾力が失われていきます。

MENU

肌のハリや弾力が失われると、ほうれい線、たるみ、毛穴の広がり、シワなどあらゆる老化の原因になります。
また、ハリや弾力によって化粧のノリも変わってきます。
美しい女性であり続けるためにも、ハリと弾力のある状態を維持することはとても大切です。

 

ハリ・弾力を失う仕組みと原因

肌の仕組み

対策やスキンケアを取る前に、老化とともにハリ・弾力を失う原因を理解しておきましょう。
肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっています。
表皮と皮下脂肪に挟まれている真皮の部分が重要な役割を担っています。
真皮は肌を内側から支える土台になる部分です。コラーゲン線維が網目状に張り巡らされていて、交差する部分は、弾力のあるエラスチン線維によってつなぎ止めています。
真皮にコラーゲン繊維エラスチン繊維が豊富な状態であれば、表皮を下から支え上げて、ハリと弾力のある肌状態を維持しています。
コラーゲンとエラスチンの隙間には、ヒアルロン酸で埋められていて、ハリと弾力に与える3大成分は真皮の中にある線維芽細胞で生成されています。
加齢や肌状態の悪化によって、必要な成分を生成する線維芽細胞が変性や減少してハリと弾力が失われていきます。

 

ハリ・弾力を失う原因は以下のものがあります。

・加齢
・紫外線
・乾燥
・活性酸素
・女性のホルモンの減少、乱れ
・食生活の乱れなどによる栄養不足
・睡眠不足
・運動不足
・ストレス
・喫煙

 

パックによる保湿と肌表面からの栄養補給など、スキンケアをすることも大切ですが、紫外線や乾燥、生活習慣の乱れなど原因に対しての対策も行わないと効果は限定的です。
ひとつのことを重点的にやるだけでは解消できません。
加齢だけは避けられない原因ですが、ほかの原因を作らないようにしたり、解消できるように対策を取ることが大切です。

 

部位によってリスクが違う

適切なスキンケアをする女性

肌の厚みは部位によって変わります。皮膚が薄い目元や口元は真皮の部分が少ないため、ハリ・弾力を失いやすく、表情によって皮膚に動きが出る部分なので小じわが発生しやすいです。
重点的にケアをすることが大切ですが、化粧落としや洗顔で刺激を与えすぎるのはNGです。
部位別に化粧品を変えたり、部位別リスクも考慮して作られたパックを活用したりするなどして、適切なスキンケアを行いましょう。
部位によって、シワ・弾力を失いやすい部分があるので、紫外線対策、乾燥対策や生活習慣の見直しだけではなく、重点的なスキンケアをしないと、目元、口元だけ目立ってしまう状況になります。

 

スキンケアのやりすぎもNG

クレンジングや洗顔の回数が多かったり、時間が長い、化粧品を使いすぎなど刺激や摩擦が多いと逆効果になります。
肌の老化が気になって禁煙するのはいいことですが、無理な禁煙でストレスをためてしまうと逆効果になります。
パックや高級化粧品は、ケアした直後にハリと弾力が戻ったことを実感できますが、一時的なものです。
短期的な実感を理由に過剰な使用をしないように意識をして、毎日継続したりスキンケア意外の取り組みも無理のない範囲で実践し、肌の根本的な状態を改善できるように取り組みましょう。

>>>しわを目立たなくするスキンケア