女性の9割以上が肌の悩みを持っていると言われるほど、スキンケアは永遠のテーマです。

MENU

年齢別の悩み対策

女性は美容に敏感で、特に肌の状態には気を配っています。
10代後半であればスキンケアをしなくてもベストな状態を保てていたでしょう。

 

しかし、年齢を積み重ねると共に肌はトラブルを抱えてしまうのです。
シワやしみ、毛穴の開きからニキビなど、年代によって様々な悩みを持っています。
女性の9割以上が肌に関する悩みを持っていると言われるほど、スキンケアは永遠のテーマなのです。

 

肌の問題も常に同じではなく、年代によっても傾向が変わります。
ここでは各年代の肌トラブルと対策について触れたいと思います。

 

年齢別の悩み

 

30代の悩みと対策

30代女性の肌の悩みで多いのが毛穴の開きシミです。
加齢によって緩んだ毛穴は非常に目立ってしまうでしょう。
化粧で隠すことは出来ますが、鏡で見る姿に落ち込む女性も少なくありません。
20代から30代になると肌の状態は急激に変化し始めます。
正しいスキンケアを行って潤い肌を保つようにしましょう。

 

対策としては化粧水乳液を今の自分に合うようにすることです。
20代から使い慣れている化粧品を使い続ける人が多いですが、年齢と共に化粧品を変えるのは大切なのです。
何を選んで良いか分からない場合は化粧品売り場で店員にアドバイスを求めてみましょう。

 

 

40代の悩みと対策

女性としても人間としても、人生の中間地点になるのが40代です。
そんな40代の女性が肌に持つ悩みはシミ乾燥、そしてくすみです。
加齢によって肌の角質が剥がれ落ちてしまい水分を十分に保てなくなるのです。
40代は乾燥肌になりやすいので、しっかりとスキンケアを行いましょう。

 

化粧水や美容液は角質を守るセラミドやコラーゲンが含まれたものを選んでみてください。乾燥肌のタイプによっては保湿クリームも非常に効果があります。
ホルモンバランスを整えることも大事になるので、生活習慣の見直しも有効です。

 

 

50代の悩みと対策

50代の女性になると肌のハリや弾力不足たるみくすみが悩みの原因の大半を占めます。加齢による肌の悪化は致し方が無いものではありますが、美容液やスキンケアでフォローが可能です。

 

化粧水や乳液、クリームなどを朝と夜でしっかりと行ってみましょう。
保湿を気にしたスキンケアを行うだけでも肌の状態は劇的に変わります。
潤肌マスクのような美容液たっぷりのフェイスマスクを使うのも良いです。
化粧品を揃えて肌の状態に合わせたケアを行えば、若々しい肌を長く保てるでしょう。