乾燥肌を解消する美容成分で代表的なのがコラーゲンで、肌の潤いに繋がります。

MENU

化粧水

乾燥肌に悩んでいるならスキンケアは欠かせないものになります。
正しいスキンケアをせず放置していると、乾燥肌はどんどん悪化してしまいます。
一度荒れた乾燥肌をケアするのは非常に大変なので、常日頃からスキンケアを行うようにしましょう。

 

スキンケアで大事なのが化粧水です。
皮膚を保湿して柔らかく滑らかにするのが化粧水の役割です。
他にも肌の状態を良く保ち、肌の水分を守り乾燥を防いでくれるのです。

 

そんな化粧水の正しいつけ方、また乾燥肌に有効なおすすめ成分について紹介します。

 

 

化粧水の正しいつけ方

化粧水のつけ方には2つあり、1つは手でつける方法、もう1つはコットンなどを使う方法です。

 

どちらの方法でも問題ないのですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
自分の肌に合う方法がどっちになるかを試してみて、肌が潤う方を選択すると良いでしょう。

 

手で化粧水をつける場合

手の温度によって肌が温まるので化粧水の馴染みが良くなります。
肌への摩擦も少ないので乾燥肌になっていても優しく接しられるでしょう。
触ることによって肌の状態を理解出来るのも大事なポイントです。

 

一方で、指の隙間による化粧水の塗り残しが出来るのがデメリットです。
化粧水は大量に使う方が良いのですが、なるべく少量を複数回に分けて利用すると効果的です。一度に大量に使っても肌へ馴染む前に落ちてしまうのです。

 

コットンなどで化粧水を付ける場合

コットン

こちらは肌に対してムラなく均等に化粧水を行き渡らせます。
手の温度による化粧水の蒸発も防げるので、しっかりと肌へ浸透させられるでしょう。

 

ただし、乾燥肌だとコットンの摩擦がダメージになる恐れがあります。使う化粧水の量も増えてしまうので、金銭的な負担が多くなるのも注意です。

 

 

乾燥肌におすすめな化粧水成分

乾燥肌を解消するには様々な美容成分が必要となります。

 

代表的なのはコラーゲンで、これが肌の潤いに繋がるのです。
ヒアルロン酸が含まれている化粧水も有効で、肌の潤いや弾力が大きく変わります。

 

水溶性セラミドなら、肌の角質に対して水分をしっかりとキープしてくれます。
スキンケア、エイジングケアとして非常に重要な成分で、化粧水に欠かせないと言っても過言ではありません。

 

エラスチンは肌にあるタンパク質で、弾性繊維と呼ばれる成分となっています。
海の魚に含まれている成分で、それを抽出したのがエラスチンです。
化粧水に含まれている場合が多いので覚えておいてください。

 

これらの成分はすべて乾燥肌に有効な成分なので、化粧水を購入する際は積極的にチェックすると良いです。
乾燥肌とおさらばして、潤いのなる美肌で人生を謳歌してみましょう。