保湿系の美容液は乾燥肌の改善に非常に優れています。

MENU

美容液

美容液は、その名の通り美容をサポートする化粧品です。
化粧水や乳液は主に肌の保湿と維持が目的となりますが、美容液は美しさに紐づく効果があります。

 

美容液にはニキビケアに始まり、美白やエイジングケアの効果も期待出来ます。
肌の問題を解決し、そして予防するのが美容液の役割だと言っても良いでしょう。
乾燥肌の改善にも効果的なので、美容液は積極的に使った方が美しくなれます。

 

美容液を使うタイミングとしては、化粧水の後であり乳液の前と言われています。
乾燥肌を改善するためにも美容液を活用してみましょう。

 

 

美容液の正しいつけ方

大体直径1cmの美容液イメージ

まずは手に美容液を規定量取りましょう。
商品によって適量は変わりますが、大体直径1cmの豆つぶぐらいの美容液を使用します。

 

美容液は肌質の改善や予防を行うので、化粧水や乳液と同様に顔全体に馴染ませます。

 

馴染ませ方はやりやすい方法で良いですが、基本的には内側から外側へ、下から上へ美容液を馴染ませるのが効果的です。
肌で気になる部分があるなら、そこへ重点的に塗るのも良いでしょう。

 

最後に、美容液を塗った肌を軽く押さえてみてください。
乾燥しやすい目元や口元は指先で優しく押さえることで、美容液をしっとりと馴染ませられるのです。

 

馴染ませる、そう聞いてしまうと美容液を肌にこすりつけたくなります。
しかし、強くこする行為は肌のダメージになる恐れがあるので出来る限り避けましょう。

 

美容液は軽く塗り込むだけで十分高い効果を得られます。
無理に馴染ませようと肌をこすり過ぎるのは禁物です。

 

 

乾燥肌を解決する美容液成分

乾燥肌の解決に大きく貢献するのが美容液です。
中でも保湿系の美容液は乾燥肌の改善に非常に優れていると言えます。

 

カサカサの肌は言わば、栄養が枯渇して荒れ果てた状態です。
そんな乾燥肌に栄養と水分を与えてくれるのが美容液なのです。
美容液を選ぶ際に注目したい成分をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

 

王道な成分なのがヒアルロン酸です。
保湿性に優れており乾燥肌を高確率で改善してくれるでしょう。
加齢と共にヒアルロン酸は減って行くので、美容液で補ってあげるのが正しいあり方です。

 

セラミドも重要で、スキンケアには欠かせないものだと言えます。
乾燥肌の人は通常よりも早く水分が失われてしまうので、保水性が高いセラミドは貴重な存在です。

 

コラーゲンも保湿性が高いので注目したい成分です。
プラセンタは肌の再生機能が回復しますし、スキンケアやエイジングケアとして活躍します。

 

このような成分に注目して美容液を使うと、より確実に、そしてより美しい肌へとなるでしょう。
乾燥肌を改善して潤いのある肌を手に入れてみてください。