紫外線はくすみの大きな原因となるので、外出時は常に日焼け止めを塗りましょう。

MENU

くすみ

昔の写真を見て肌色が変わってしまっていることに気付いた人も少なくないでしょう。
加齢と共に出るのが肌のくすみです。

 

肌に透明感が無くなってしまい、明るさもツヤも無い状態をくすみと呼びます。
くすみはシミや目のクマと同じような状態ですが、肌全体に広がっているので大問題です。

 

紫外線や乾燥がくすみの原因になっており、肌が黒く茶色っぽく見えるのが特徴です。
毛穴の汚れが肌のくすんで見せているケースもあるので、スキンケアを怠ってはいけません。

 

肌のくすみを解決する方法にはどんなものがあるのか見てみたいと思います。

 

 

くすみに有効な成分

一口にくすみと言っても原因は様々であり、それぞれ有効な成分が変わります。
ここではくすみの原因を3つに分類し、有効な成分をまとめてみたいと思います。

 

乾燥肌が原因の場合

コラーゲンヒアルロン酸と言った有名な成分が有効です。
保水力や保湿が乾燥肌を解消し肌のくすみを自然と解決してくれます。
化粧品で補うのが良いですが、可能なら食生活も改善するようにしてみましょう。

 

加齢が原因の場合

ビタミンC誘導体プラセンタエキスが有効です。
新陳代謝が良くなるのでメラニンの生成を抑制しますし、血液やリンパ液の流れを良くしてくれます。

 

毛穴の汚れが原因

クレンジングや化粧品に注意すれば解決です。
オイリーな肌質なのであれば、セラミドヒアルロン酸の保湿成分により皮脂汚れの分泌を抑えるのが良いでしょう。

 

 

くすみのスキンケア

とにかく紫外線がくすみの大きな原因となります。
肌に紫外線は大敵であり絶対に避けなければいけないものとなります。

 

日焼け止めを塗る女性画像

日傘を差すのも良いですが、光は四方八方から飛んできます。そこで行いたいのが外出時は常に日焼け止めを塗ることです。
乳液や保湿クリームの中には紫外線を防いでくれるものもあるので、それを利用して予防するのもありです。

 

乾燥肌によるくすみに対象するなら、セラミドコラーゲンが豊富に含まれる美容液を使いましょう。
有効成分がどれだけ肌に馴染んでくれるかが、くすみの解決に大きく関わるのです。

 

 

くすみに良い食べ物

トマトに含まれるリコピンは肌に美白効果をもたらします。
シワ予防の効果もあることから、美容食べ物としてもトマトは有名です。

 

こんにゃく大豆にはセラミドが豊富で、メラニンの生成を抑制してくれる働きがあります。毎日少量を食べるようにすることで身体の内側からくすみ改善が狙えます。

 

 

クリニックでくすみ治療

くすみ治療はシミなどと違い顔全体、肌全体が対象となっています。
そのため、全体を万遍なく治療する必要があるので、光治療という方法が取られているのです。
美肌を作る特殊な光を照射して肌のくすみをムラなく解消させます。

 

薬品で治療する施術方法もあり、美白効果の高いものを顔全体に塗って解決します。
美白効果が高いので肌の色が明るくなり若々しい状態になれるでしょう。